会社設立のデメリット

会社設立のデメリット

管理人 No Comments

多くのメリットがあることが知られている会社設立にはもちろんデメリットもあります。会社経営においての交際費の上限が決められています。個人事業の場合には交際費の上限は決められてはいません。会社を設立すると住民税の均等割りの負担が個人事業の場合よりも多くなります。また、会社設立には費用が必要になってきます。さらには、会社設立をすると、経理や決算を明確にする必要がでてきますので、それの手間を考えなくてはいけなくなります。しかも、会社設立後は事業資金を社長といえども自由に使えなくなるというデメリットが生じてしまいます。

といっても、これらの束縛は、会社経営を健全に行っていくための束縛と考えれば至極当然のものであるとも言えます。むしろこれらのデメリットを忠実に守っていくことによって生み出されてくる収益の方がはるかに大きなものであるといえます。

会社設立によって一見は自由度が損なわれるようにも思われますが、会社の規模を大きくさらには大きな収益と考えるのであれば、多くのメリットが存在している会社設立を決断するのが賢い方法と言えます。会社設立についての法律に明るくない場合には、専門家である税理士さんに助けてもらうことも可能です。

会社設立の意義

管理人 No Comments

会社設立の手続きはかなり複雑になってきます。したがって個人事業の方が気楽だという考えかたも理解できない話ではありません。しかし、会社経営を行うと、会社としての責任が生じてきますので、経営の透明性と客観性を生み出すことが可能となります。透明性と客観性は会社の信用性へとつながっていきます。

会社の信用性の確保は優秀な人材を集めることに有利となり、会社の能力のアップへとつながっていきます。透明性と客観性の確保は確実な会社の経営を可能にし、会社経営努力が大きな収益となって帰ってくるという効果を生み出してくれます。さらには、融資を受ける可能性も広がり、新しい事業展開の可能性も広がってきます。会社組織の合理的な再編も会社の方がスムーズに進めることが出来るようになります。

会社として経営を行っていくことは、利益を上げるだけでも大変なことであるのは言うまでもありませんので、会社の透明性と客観性を高めるには税理士のサポートを活用して、経営面での指針を得られるようにするのは非常にスマートなやり方へとつながっていきます。更には、会社の柔軟性の確保にもつながり、健全経営を可能にし、トラブル防止にもつながっていきます。

会社の運営にあたっては、税理士さんなどの専門家からの客観的なアドバイスを受けられる体制が望ましいといえます。

会社設立の方法

管理人 No Comments

会社設立の方法ですが、会社には株式会社、合同会社、合名会社、合同会社の4つのスタイルがありますので、自分の経営規模やスタイル合わせて選ぶことが可能になります。また会社の経営をスムーズにするために、取締役会を設置することも可能です。会社設立のためには書類作成、定款認証、法務局へ登記の3つのプロセスが必要になってきます。

会社設立のためのプロセスはもちろん自分で行うことができますが、意外と煩雑な手続きの部分もありますので、専門家に代行を依頼することも可能となってきます。会社設立の際には税理士さんに代行依頼するのが一般的です。会社設立の際の相談にも多くの場合にのっていただけますので、(相談は無料で対応してもらえる場合が多くなります)、自分のスタイルに合った会社設立をスムーズに進めていくことも可能となります。

税理士さんに会社設立のサポートを依頼すると、会社設立後の税法上のサポートも受けることが可能となります。税法上の多くの特典を的確にアドバイスしてもらえるというメリットが生じてくることになります。節税対策のみならず、融資資金繰りや税務調査についての的確なアドバイスを得ることも同時に可能となってきます。

会社設立のメリット

管理人 No Comments

サラリーマンとして働いていたけれども自分で会社設立してやっていこうという場合には会社の収益を全て自分の利益をすることが可能です。個人で仕事をやっている場合に会社を設立する必要はないように感じますが、個人事業に比べて会社を設立したほうが税法上の大きなメリットを受けることが可能になってきます。更には、会社であれば、家族を社員にして家族に対して給与を支払うことも可能になります。事業者だけの場合に比べて、利益を家族に分散できれば、節税につながってきます。

個人事業の場合には退職金を支払っても経費にすることはできませんが、会社であれば退職金も経費として計上可能ですのでこれも税法上のメリットとなります。また、会社であれば、万が一の時の生命保険料を経費として計上することも可能となります。

更には、赤字が生じてしまっても、会社であればそれを7年間繰り越すことも可能になっており、経営のやりくりがしやすくなります。個人事業の場合にはこのような繰り越しは行うことが難しくなってしまいます。さらには、会社経営であれば、会社の決算期を自由に設定可能となります。しかも会社の方が個人事業よりも銀行からの融資を受けやすいというメリットもあります。

会社経営の場合には、出張などの日当も経費として計上できますし、人材を集めることも比較的容易になりますし、更には、会社としての責任を自分の責任を線引きできるというメリットもあります。

2017年6月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ