会社設立のメリット

サラリーマンとして働いていたけれども自分で会社設立してやっていこうという場合には会社の収益を全て自分の利益をすることが可能です。個人で仕事をやっている場合に会社を設立する必要はないように感じますが、個人事業に比べて会社を設立したほうが税法上の大きなメリットを受けることが可能になってきます。更には、会社であれば、家族を社員にして家族に対して給与を支払うことも可能になります。事業者だけの場合に比べて、利益を家族に分散できれば、節税につながってきます。

個人事業の場合には退職金を支払っても経費にすることはできませんが、会社であれば退職金も経費として計上可能ですのでこれも税法上のメリットとなります。また、会社であれば、万が一の時の生命保険料を経費として計上することも可能となります。

更には、赤字が生じてしまっても、会社であればそれを7年間繰り越すことも可能になっており、経営のやりくりがしやすくなります。個人事業の場合にはこのような繰り越しは行うことが難しくなってしまいます。さらには、会社経営であれば、会社の決算期を自由に設定可能となります。しかも会社の方が個人事業よりも銀行からの融資を受けやすいというメリットもあります。

会社経営の場合には、出張などの日当も経費として計上できますし、人材を集めることも比較的容易になりますし、更には、会社としての責任を自分の責任を線引きできるというメリットもあります。