会社設立の方法

会社設立の方法ですが、会社には株式会社、合同会社、合名会社、合同会社の4つのスタイルがありますので、自分の経営規模やスタイル合わせて選ぶことが可能になります。また会社の経営をスムーズにするために、取締役会を設置することも可能です。会社設立のためには書類作成、定款認証、法務局へ登記の3つのプロセスが必要になってきます。

会社設立のためのプロセスはもちろん自分で行うことができますが、意外と煩雑な手続きの部分もありますので、専門家に代行を依頼することも可能となってきます。会社設立の際には税理士さんに代行依頼するのが一般的です。会社設立の際の相談にも多くの場合にのっていただけますので、(相談は無料で対応してもらえる場合が多くなります)、自分のスタイルに合った会社設立をスムーズに進めていくことも可能となります。

税理士さんに会社設立のサポートを依頼すると、会社設立後の税法上のサポートも受けることが可能となります。税法上の多くの特典を的確にアドバイスしてもらえるというメリットが生じてくることになります。節税対策のみならず、融資資金繰りや税務調査についての的確なアドバイスを得ることも同時に可能となってきます。